2019年10月に運営開始しました。

現金購入の場合は投資用不動産はどれを買えば良い?不動産投資の種類別にメリットデメリットを徹底比較!

「不動産投資が気になるけど、種類が多くてどれに手を出せば良いか分からない…」このような悩みは不動産への投資を検討している人なら誰しもが持つはずです。それぞれの不動産の特徴などを知らずに購入してしまうと、空室などのリスクも発生してしまうので絶対に避けたいですよね。そこで本ページでは、不動産投資でもメジャーな4種類を比較し、それぞれのメリットやデメリットを解説します。

不動産投資の種類

不動産投資は、主に以下の4種類に分けられ、それぞれに特徴があります。今回は、現金購入という体で解説していきます。

1棟の不動産投資

まず紹介するのが、「1棟の不動産投資」です。マンションやアパート、テナントビルなどを1棟丸ごと購入するタイプの不動産とすいですが、空室のリスクを分散できて効率よく資金を回収しやすいと言えます。

メリット

1棟の不動産投資は、規模の大きい投資となるため、大きな利益を得やすいというメリットがあります。また、部屋の数が多いため空室のリスクを分散できるという点も魅力の一つです。1部屋だけなどの規模の小さい投資だと、1つの空室ができただけでも収益がなくなってしまうこともあるので、空室リスクの分散はかなり大きいメリットだと考えられます。さらに、建物全体が自分の物になるため建て替えや修理などが自分の判断で行えます。

デメリット

上記のように、様々な魅力がある1棟の不動産投資ですが、いくつかデメリットも存在します。

1つ目が「投資には億単位のまとまった資金が必要」という点です。あまり資金がない人だと、億単位の資金を用意するのは困難です。ローンを組むという選択肢もありますが、利子や返済などのリスクがさらに増えてしまうため、不動産投資初心者にはあまりお勧めできません。

2つ目は、大学の廃校やスーパーの閉店など、近くの施設がなくなるとダメージを大きく受けるという点です。1棟の不動産投資は、1つの場所に大規模な投資をするため、「近くに大学やスーパーがある」という点を売りに入居者を募集しているマンションなどは実質それらの施設に依存していると言えます。実際に、現代は子供の数が減っており大学も年々数が少なくなっているため、1棟の不動産投資をする際は入念にリサーチしておく必要があります。

区分マンションの不動産投資

次に紹介するのが、区分マンションの不動産投資です。

上記の1棟の不動産投資とは違い、1部屋だけなどマンションの一部を購入する投資法のため、必要な資金が少なくて済むというのが特徴です。

メリット

区分マンションの不動産投資は必要な資金が比較的安いことから、購入しやすいのはもちろん「売却しやすい」というのが大きなメリットの1つです。また、1つの物件の規模が小さいことから様々な地域に分散投資できるというのも区分マンションの魅力です。

億単位の資金が用意できない方や、不動産投資の初心者にはおすすめの投資法だと言えます。

面倒な手続きなどが必要ないのも1つのメリットです。

デメリット

区分マンションの不動産投資のデメリットとしてまず上げられるのが、「空室のリスクが大きいという点です。例えば、1部屋だけの投資だとすると1つ空室ができただけで収入は0になってしまうので利回りが大幅に悪くなってしまいます。また、小規模な投資のため「大きい利益が見込めない」という点も区分マンションのデメリットだと言えます。

中古の戸建て不動産投資

次に紹介する「中古の戸建て不動産投資」は文字通り、中古で戸建ての不動産を購入し賃貸として貸し出す投資法です。物件が一戸建てのため、ファミリー層に需要があって退去率も低いのが特徴の投資法なため、安定した利益を得やすいのが特徴と言えます。

メリット

一戸建ての物件なため、家族で入居するお客さんがほとんどで物件への滞在時間が長く、空室リスクが低いのが大きなメリットだと言えます。また、中古の物件のため格安の不動産が多く、購入価格に対する利益が大きく、利回りがよくなるケースが多いのも魅力的です。

デメリット

中古の戸建て不動産は主に2つあります。1つ目は、中古物件のためある程度のリフォームや修繕費用がかかってしまう点です。物件自体は安く購入できますが、リフォーム等の費用が中々嵩張ってしまうケースが多いため要注意です。

2つ目は、地域や近隣の施設によってはファミリー層の需要が低くなってしまい空室期間が長くなってしまう点です。小学校が近くにある地域などは比較的ファミリー層に需要はありますが、近隣施設が大学の地域は一人暮らしに向いている物件の方が需要が高くなるなど、中古の戸建て物件を購入する際は地域の情報などのリサーチを十分してから検討しましょう。

民泊の不動産投資

民泊の不動産投資は、近年需要が高まってきており注目を集めている不動産投資とも言えます。民泊とは、住宅の一部または全部を活用して旅行者などを宿泊させることですが、2020年にはオリンピックも開催されるため、外国人観光客などをターゲットにした民泊の需要が高まると考えられています

メリット

民泊の不動産投資の最大のメリットは、必要な資金が他に比べてかなり安い点です。安い場合だと、100万円ほどで賃貸を借りて、その部屋で民泊を運営することも可能なので手軽に始められる不動産投資の1つとも言えます。また、宿泊者の集客などはネットで募集できるため、集客に対する資金も通常のホテルとは違って安価で始められます。

デメリット

民泊のデメリットとして挙げらるのが、「騒音やゴミのトラブルが多い」という点です。ホテルよりも気軽に宿泊できるため、マナーを守れない宿泊者や、深夜に大きな音を立ててしまうお客さんも少なからずいる可能性があるので、近隣住民からのクレーム等には充分注意しましょう。

結論:予算や目的に応じて自分に合った不動産を購入しましょう

不動産投資には様々な種類があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。まとまったお金は用意できて、修繕などは自分の判断で行いたい1棟の不動産投資を検討してみる」「億単位の資金は用意できないが、2020年のオリンピックに備えて不動産でチャンスをつかんでみたいので区分マンションの投資について検討してみる」など、この記事のメリットやデメリットをよく読んで、不動産投資を始めるきっかけにしていただければ幸いです。自分が用意できる資金の量や、投資スタイルに合わせて不動産投資の一歩を踏み出しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です