2019年10月に運営開始しました。

年金対策はストックからフローの時代へ

老後までに2,000万円貯金する。本当にそれで心から安心出来ますか?「老後に2,000万円貯金があれば安心」とよく言われますが、実際は毎月貯金を切り崩して毎月キャッシュフローが赤字になっていく状況に不安を感じる人の方が多いのではないでしょうか?

日本人の性格上、いつまで生きるかわからない中で、まとまったお金を定期的に崩しながら使っていくのは気持ち的に積極的になれないようです。

せっかく現役世代に将来のために向けて貯めても、亡くなるまでにお金をほとんど使わずに亡くなられてしまうケースが多いです。

一方で、毎月入ってくる収入(給与、年金、家賃収入など)は気持ち的に使いやすいと言われています。どういった形で資産を増やしていくのか(ストックかフローか)本当の意味での豊かな老後生活を実現するために極めて重要なポイントになってきます。

ストック重視の考え方からフロー重視の考えへシフトしていくことで、実はより強固な安心を得られます。

ポイント!
いくら貯めるかではなく同じお金でも、これは使いやすいお金なのか?使いにくいお金なのか?そこまで考えて資産をつくっていくことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です