2019年10月に運営開始しました。

マンション経営の保険メリット

ここ数年、不動産投資の一つであるマンション経営(ワンルーム/ファミリー)に注目が増えています。その大きな理由として、マンション経営に生命保険としての効果を期待できることが挙げられます。今回はマンション経営保険が保険の代替品になる理由を解説していきます。

生命保険

生命保険には、大きく分けて定期保険」「終身保険」「養老保険の3つに分類することが出来ます。これら全ては“万が一”の保障に備えるものになります。そして、「終身保険」「養老保険」に関しては、“万が一”の保障とは別に貯蓄性があるため、支払額は「定期保険」と比べるとやや高く設定されています。

マンション経営で期待できる役割は定期保険」「終身保険になります。

生命保険の種類

定期保険

定期保険とは、一定期間以内の死亡・高度障害に対して保険金が給付される生命保険のことをいいます。いわゆる「掛け捨て」と呼ばれる保険であり、死亡のみ保障するため、保険期間を満了したときの満期保険金は無いのが特徴です。保険料は比較的安いです。

終身保険

終身保険とは、保険期間を定めず生涯にわたって保障される保険のことをいいます。死亡した場合には、必ず保険金が支払われるため、定期保険と比較すると保障される金額に対する保険料が割高になります。

養老保険

養老保険とは、保険期間内に死亡した場合に保険金が支払われ、満期になった時に生存していた場合には満期返戻金として保険金額と同額が支払われるというものをいいます。契約満了時には、満期返戻金に加えて配当金が支払われろことが多いです。定期保険と終身保険と比較した場合には、保険料は最も割高になります。

保険料の比較

一般的な保険会社における保険料を比較します。なお保障金額を各1,000万円・2,000万円・3,000万円として「定期保険」「終身保険」の各年齢での加入金額(毎月の支払い)をシミュレーションしたものになります。

仮に25歳が3,000万円の終身保険と定期保険を同時に加入する場合、毎月の保険料支払は49,860円になります。

なぜ、マンション経営が保険の代わりに?

マンション経営には、保険としての機能が付随しています。その仕組みは、 住宅ローンの金利に団体信用生命保険(通称:団信)が組み込まれているからです。

団体信用生命保険(団信)とは、住宅ローンの返済中に“万が一”のことがあった場合、保険金により残りの住宅ローンが弁済される保障制度です。つまり“万が一”のことがあった場合は生命保険の機能が作動し、無借金のマンション(資産)と安定した家賃収入がご家族に残ることになります。

団体信用生命保険だと、一般的に年齢による保険掛け金の違いがなく通常の生命保険に比べ、掛け金が安く設定されていることもマンション経営の大きなメリットの一つです

無借金のマンション売却定期保険の保険金給付

 

安定した家賃収入終身保険の年金受け取り(一生涯)

つまり、都内で価格3,000万円のマンション経営の収支が月々10,000円程度マイナスであることを考えると、保険商品で毎月保険料を49,860円支払い「終身保険」「定期保険」の対策をするよりはコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

参考 マンション経営の節税メリットマンション経営相談窓口

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です